ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息しているらせん形をした菌で、主に胃や十二指腸などの病気の原因になります。
ピロリ菌の感染が続くと感染範囲が広がり、慢性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)がすすみます。
慢性胃炎が、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、胃がん、さらには全身的な病気などを引き起こすおそれがあることが明らかになってきました。

健康診断、人間ドックでピロリ菌の除菌をすすめられた方をはじめ、
胃の健康が気になる皆さま、この機会にピロリ菌の検査・治療を考えてみませんか?

ピロリ菌の除菌(投薬治療)が健康保険で実施できる場合

  1. 胃内視鏡又は胃バリウムにおいて、胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の診断がなされた方
  2. 胃内視鏡において胃炎の診断がなされた方
    ほか、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃がん内視鏡治療後の方
  3. 上記検査を行い、診断を受けた後、ピロリ菌の感染診断にて、陽性とわかった方

元氣プラザの主な感染診断検査の実施内容

抗体測定

血液のピロリ菌に対する抗体の有無で診断します。 ※食事の注意事項なし

尿素呼気試験

呼気(吐き出した息)を採取して診断します。 ※3時間空腹条件あり

料金

健康保険3割負担で、2000円~2500円程度。
※元氣プラザは院外処方せんです。お薬代は別途かかります。

 

外来診療(消化器内科) お問い合わせ
ご予約用電話番号: 03-5210-6620
受付時間/月~金曜日 9:00~12:00 , 13:00~17:00  ※祝祭日を除く

このページの先頭へ