皆さまへのご挨拶

ご挨拶

 謹んで新年度のご挨拶を申し上げます。

 当法人は、1891年(明治24年)4月1日、わが国で初の民間検査所として誕生した東京顕微鏡院の保健医療部門をルーツとしており、平成15年に保健医療部門を分離独立させ、飯田橋に新たな施設を開設し、2016(平成28)年4月1日、おかげさまをもちまして、125周年を迎えることとなりました。明治時代の設立当初より、予防医学の重要性をいち早く認識し、予防医療を根幹として、保健医療事業に長年取り組んでまいりました。

 健康診断においては、職場や学校、島嶼地域などへの巡回健康診断をはじめ、飯田橋施設における施設健康診断、婦人健診、外来診療、保健指導などを実施しています。

 本年は、昨年12月1日より改正労働安全衛生法が施行となり、いわゆる「ストレスチェック制度」が正式に開始されたことを受け、「ストレスチェック元年」とも言える年となります。これまでの健康診断においては重点が「からだ」に置かれ、それと不可分の「こころ」に対する取組みが十分ではありませんでした。今回の制度は、近年の産業構造の大きな変容からストレスを強く感じる労働者が増えていることに対応する最初のステップです。
 今から丁度30年前の昭和61年に、私たちは「こころとからだの相談室」を開設し、働く人々のメンタルヘルスに予防医学の立場から取組みを開始しています。したがって、当法人はこの分野における先駆者とも言える健診機関です。事業所外の従業員支援プログラムとして、本人の治療とカウンセリングだけでなく、家族、職場の上司・同僚、人事や健康管理担当者をも対象とした相談体制の確立など、幅広い活動を提供してまいりました。
 この30年間にわたる予防医学の観点からのメンタルヘルスへの取組み実績は、今回のストレスチェック制度で求められている「高ストレス者」に対する面談から改善への道筋に際しては、大きな力となります。皆様の職場においても様々な問題を抱えた高ストレス者の方の存在は避けて通ることのできない大きな課題であろうと思われます。私どものこの経験とこの分野に対応してきた多数の優れたスタッフが、皆様の課題を解決するお手伝いをさせていただけると確信しております。

 すぐれた健康診断サービスや人間ドック、外来診療を支える検査施設の充実にも力を入れております。昨年9月には、CT装置を最新の80列マルチスライスへと更新いたしました。これにより、従来に比べて低い被曝線量での検査が可能となり、検査時間も短縮されて受診者の皆様のご負担を軽減することができました。また、大腸内視鏡検査が困難な方に対し、近年話題のCT装置を使用し大腸の検査を仮想的に行うCTC検査を開始しております。
 画像診断による各種の検査(胸部レントゲン、胃部レントゲン、乳腺レントゲン、各種超音波検査、上部及び下部消化管内視鏡検査、MR検査、CT検査など)においては、全てのデータをサーバー上に保存し、判定だけではなく実際に画像をお見せして受診者様への分り易いご説明をいたすように心がけております。これは、検査終了後に迅速な結果説明を差し上げるために欠かすことのできない検査設備の一環と言えます。

 検体検査の実施体制も昨年11月に大幅に強化いたしました。すでに病理学的検査については、診療所の建物の7階に「元氣プラザ細胞病理コアテクノロジー」を開設し、細胞診検査及びバイオプシーに由来する組織学的検査の実施体制を診療現場に密着する形で配置しています。これにより、受診者様に「穿刺細胞診」検査などを実施した場合に、最適な条件の標本を作製することが可能となり、正確な検査診断結果をお届けできます。
 血液などの検体を分析する(生化学的検査、免疫学的検査、血液学的検査、一般検査、など)検査室は、診療所の建物の2階にある外来診療部門に隣接配置し、さらにこのたび検査装置も増設して、受診者様からの各種の検体を速やかに検査室へ搬入し、迅速に検査結果を受診者様に還元できる体制を整えました。

 皆様のこころとからだの両面から健康管理をサポートさせていただける医療機関として、これからも全職員が研鑽を重ね、サービスの向上に努めてまいります。

 新年度が皆様にとりまして素晴らしい一年となりますことをご祈念申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

2016年4月1日

医療法人社団 こころとからだの元氣プラザ
統括所長 及川 孝光

及川 孝光(おいかわ たかみつ)

【略歴】
慶應義塾大学医学部卒業(1973年)、東京都済生会中央病院、三菱東京UFJ銀行健康センター所長
【専門分野】
生活習慣病の予防・治療、循環器病、脂質代謝、老年医学、糖尿病、アルコール関連疾患、産業医学、メンタルヘルス
【資格・所属学会 等】
日本循環器病学会 循環器専門医、日本老年医学会認定老年病専門医、日本内科学会認定医、人間ドック学会認定医、労働衛生コンサルタント、日本医師会認定産業医、関東産業健康管理研究会前会長など

このページの先頭へ