EAP(従業員支援プログラム)とは?

企業にとってEAP(あるいは、メンタルヘルス対策)が重要なわけ

EAP(Employee Assistance Program)= 従業員支援プログラム

厚生労働省による調査では、労働者の60%以上が職業上強いストレスを感じていることが示されています。事実、労働者の自殺問題、メンタルヘルスに関する 労災問題など、企業や社員、その家族にとって、メンタルヘルス問題はもはや避けては通れない重要課題になっています。

さらに、組織内の事故やモラールの低下、コンプライアンス問題から起こりうる組織のリスクを考えると、企業や社会にあたえる被害は莫大なものになります。

社員の精神的問題による影響

【 企業の損失 】
業務遂行力の低下・ミスの多発/欠勤・遅刻の増加/職場での対人関係のトラブル/
職場内のコミュニケーションの悪化/創造性や覇気・やる気の低下/職場の雰囲気の悪化/
職業倫理の低下/有能な社員の離職/社員のトラブルによる社会的イメージの低下

以上のようなリスクを考えると、社員の慢性的ストレス状態を放置し、精神的健康を低下させることは、組織にとって大きな損失をこうむることになります。社員の精神衛生の維持・向上には、組織的にメンタルヘルス対策に取り組み、予防を促すことが大切です。

組織のメンタルヘルス対策のメリット

組織におけるリスクマネジメント/問題をかかえる社員の早期発見・問題解決/
社員全体のメンタルヘルス維持・向上/職場内のコミュニケーションの悪化/社員の離職の防止/
職場環境の改善/社員の事故・病気による遅刻・欠勤の低下

企業の安全配慮義務

安全配慮義務とは、「事業者が労働者に対して負っている労働契約上の債務で、事業者が事業遂行のために施設管理や労務管理にあたり、労働者の生命及び健康などを危険から保護するよう配慮すべき義務」のことです。この義務は1975年に最高裁判所の判例として確定されました。

その範囲は当初「労働に直接起因する健康障害を起こさないように配慮する」でしたが、最近では「労働に密接な関連を有する健康障害を起こさないよう配慮する」と拡大する傾向にあります。社員の安全を確保するために、物理的環境面の整備はもちろん重要ですが、社員の精神面も配慮する必要性が高まってきました。

うつ病や自殺の増える昨今、メンタルヘルス不全の予防は、社員の健康配慮上の最重要課題といっても過言ではないでしょう。

こころの健康相談室 お問い合わせ
TEL: 03-5210-6619
受付時間/ 月~金曜日 10:00~19:00 , 土曜日 10:00~18:00 ※祝祭日を除く

このページの先頭へ