免疫力を高める食生活

医療法人社団 こころとからだの元氣プラザ
健康支援部 管理栄養士
(元氣プラザだより 2016年6月号)

「免疫力」とは本来私達の身体に備わっている外敵や内敵から身体を守る自己防衛力です。
しかし、偏った食生活や不規則な生活習慣、ストレスが免疫力の低下につながります。

免疫力チェック

あてはまる項目が多いほど免疫力が低下しやすい食習慣の可能性があります。少しでもチェックの数を少なくしていきましょう。

免疫に関わる栄養素と機能性成分

たんぱく質

たんぱく質筋肉や臓器をつくりホルモンや酵素の原料になる栄養素です。

主な食品
肉類・魚介類・卵・大豆製品

n-3系脂肪酸

n-3系脂肪酸炎症やアレルギーを抑える働きを抑える作用があります。

主な食品
青背魚に含まれるDHA・EPA、しそ油やえごま油

ビタミンA

ビタミンA粘膜の状態を良好に保ち細菌感染の予防に役立ちます。

主な食品
レバー・うなぎ・緑黄色野菜

ビタミンC

ビタミンC免疫細胞の働きを活性化させる。

主な食品
緑黄色野菜・果物類・芋類

ビタミンE

ビタミンE免疫細胞の活性化と共に活性酸素を中和する作用を持ち、
アンチエイジングにも効果的

主な食品
アーモンド等の種実類・かぼちゃ・ひまわり油等の植物油

乳酸菌

乳酸菌免疫機能の大部分を占める腸内環境改善のため
善玉菌の増加に効果的

主な食品
納豆、チーズ、ヨーグルト、味噌、漬物

普段の生活の中で一工夫

間食で一工夫

イラスト:間食で一工夫

お酒の席で一工夫

イラスト:お酒の席で一工夫

免疫力を上げるためには、さまざまな食品を取り入れてバランス良く栄養をとることが大切です。重要な栄養素だからといって摂り過ぎで肥満を招くことはかえって逆効果となります。まずは必要な栄養素の摂取や規則正しい食習慣をこころがけましょう!

オススメレシピ「にんにくの芽とほたての塩炒め」

栄養価が高く殺菌・抗菌作用のあるにんにくの芽を使ったお手軽炒め物レシピ。

材料(2人分)

  • にんにくの芽…200g
  • ベビーホタテ…100g
  • しいたけ(1cm幅に切る)…1枚(20g)
  • にんじん(短冊切り)…20g
  • 水…1/4カップ サラダ油・・・小さじ1/2 ごま油…小さじ2 塩…少量

作り方

  1. にんにくの芽は4cm長さに切る。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、①をさっと炒める。
    にんじん、水を加えていため煮し、ざるにあげる。
  3. ゴマ油を熱し、ベビーホタテとしいたけをいためる。
    ②を加えていため合わせ、塩で調味する。

 

ご精読ありがとうございました!

 

タイトル一覧へ

このページの先頭へ